Tokyo Midtown Award 2014

Tokyo Midtown Award Staff Blog アワード担当者ブログ

HOME > デザインコンペ > 7/21(土) デザインコンペガイダンス実施しました
About
記事カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
Rss
2012年07月22日
7/21(土) デザインコンペガイダンス実施しました

みなさま。こんばんは。

今年はなるべく頻度をあげてブログを更新しようと思っていたのですが、間をあけてしまいました。ただ、これからデザインコンペの締切8月2日に向けて情報を公開していこうと思いますhappy01


7月5日にデザインコンペの募集が開始しました。今年応募を考えていらっしゃる皆さま、準備はすすんでいますか?


まだ、デザインコンペに応募したことがない、、応募したことがあるけれど、どういうコツがあるのだろう。。という応募者の方に向けて、昨日ガイダンスを実施しました。


アワードの公式サイトにて告知をしていましたが、10名の参加がありましたshine


IMG_3717.jpg


アワードビデオ(公式サイトからもご覧いただけます)→ デザインコンペの概要の説明 →昨年までの実績のご紹介 → 商品化サポートについてご紹介 → 質疑応答

というようにすすんでいきました。みなさん、土曜日の朝でしたが、熱心に聴いていただきました。お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました!

ウェブサイト上ではなかなかご紹介できない、審査員さんの審議中の様子など、ガイダンスならではでの情報も少しお話させていただきました。もし、知り合いが参加していた!という方はどんなガイダンスだったのか、聴いてみてくださいね。


質疑応答の中から、少しご紹介です。


Q. ひとり一作品までですか?

「いいえ。何作品でも応募いただけます。」

Q. 応募年齢制限が39歳以下とありますが、どうしてですか?

「Tokyo Midtown Award は若手のデザイナーやアーティストの応援を目的に実施しています。若手という定義を39歳まで、としています。」

Q. 応募シート(プレゼンテーションシート)には、模型写真が必ず必要ですか?

「いいえ。過去には、手書きのシートで入賞した方がいらっしゃいます。1次審査は1,000点を超える応募作品の中からいかに審査員の目にとまるかがポイントとなってきます。まさに応募シート1枚勝負なので、そこに持てる力をすべて注いでください。何が正解なのか、という答えはありませんが、百戦錬磨の審査員さんは、みなさまのシートを一瞥しただけで、総合的なデザイン力を一瞬にして判断できてしまいます。」

などなど。

何はともあれ、まずは応募してみないと!と最後にはお伝えして、ガイダンスは無事終了しました。

お越しいただいた皆さま。ありがとうございましたhappy01


Written by ルー



コメントを投稿する
ニックネーム
コメント内容
「コンシェルジュブログ」投稿規約 (※必ずお読みください。)