Tokyo Midtown Award 2014

Tokyo Midtown Award Staff Blog アワード担当者ブログ

HOME > デザインコンペ > 明日のために、その3
About
記事カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
Rss
2012年06月29日
明日のために、その3

こんちは!デ部長(デブチョウ)です!!

 

前回でリクエストお待ちしています、とお伝えしたところ、たくさん頂きました。
ありがとうございます
happy01

 

本日は、皆さんからのリクエストにお答えするかたちで進めていきますね~。

 

まず一通目は、と。

えーと

「デブチョウって、デブなんですか?」

...。


改めて一通目は、と。

*******************************

「昨年のデザインコンペの応募数が1,161件ということですが、本当に全部、審査しているんですか?」

***********************************

なるほど、気になりますよね。

審査員5人全員が、全部、しっかりと見ていますよeye

 

例年、某月某日に都内某所の、それは広大な会議室に、100台以上の会議机が並べられ、
そこに全作品が展示されまして、審査員一人一人が、一点一点をじっくりと見ていきます。

そこで、得票があった作品が二次選考に進みます。

二次選考では、票を入れた審査員が「なぜこの作品が良いと思ったのか」他の審査員に説明したり、みんなで討議したり、さらに深めていきます。

このような流れを経て、毎年、入選作品が決まっているんですね。


それでは二通目は、と。

**********************************

「審査員に直接プレゼンすることはできますか?」

**********************************

おー、積極的ですね。


アートコンペの二次審査は、審査員に直接プレゼンする審査会で、これは一般の方にも公開しているんですが、デザインについてはA3のプレゼンのみで勝負いただいています。
ただ、表彰式の場には、審査員の皆さんもいらっしゃるので何か売り込みたいのであればチャンスかもしれませんね。


デザインコンペの作品提出は8/2(木曜)必着ですsign03

 

今年もたくさんご応募、お待ちしております!

リクエストも、引き続きお待ちしてますよーflair

 

by デ部長

コメントを投稿する
ニックネーム
コメント内容
「コンシェルジュブログ」投稿規約 (※必ずお読みください。)