Tokyo Midtown Award 2014

Tokyo Midtown Award Staff Blog アワード担当者ブログ

HOME > その他 > 東京ミッドタウンのデザイン&アートファイル アート編その2(「妙夢」安田侃)
About
記事カテゴリー
最近の記事
バックナンバー
Rss
2009年08月24日
東京ミッドタウンのデザイン&アートファイル アート編その2(「妙夢」安田侃)

本日は、東京ミッドタウン内のパブリックアート作品「妙夢(みょうむ)」をご紹介します。8月10日(月)にご紹介した「意心帰(いしんき)」と同じ、安田侃(やすだかん)さんによるアート作品です。

東京ミッドタウンの玄関ともいうべき、プラザの1Fで多くのお客様を迎えるのが、この作品。

その存在感は抜群で、既に六本木を代表する待ち合わせスポットになりつつあったり、よくドラマ撮影でも使用されています。実際に見たことのない方も、もしかすると、すでにテレビで目にしている、ってこともあるかもしれません。


そんな作品の特別な愉しみ方を本日はご紹介。


東京ミッドタウンにお越しの際には、この作品に腰掛けてみてください。方向はミッドタウンの建物方面を向いてみてください。


DSC04081.JPG


そうすると、東京ミッドタウンで一番大きいフォトフレームができあがります。


DSC04079.JPG
※ちょうど作品の内側の淵がフレームになって、一つの写真のようになります。

さて、みなさんの目にはどのようにうつるでしょうか。
東京ミッドタウンの「風景みやげ」です。

是非試してみてくださいね。


Written by ルー

コメントを投稿する
ニックネーム
コメント内容
「コンシェルジュブログ」投稿規約 (※必ずお読みください。)